自転車乗ってて脚を攣った時にはこの薬飲むとええです

僕、よく脚攣るんですよね。冬は汗かく量が少ないからまだしも、夏はホントにしょっちゅう攣ってて、走るのが恐怖なんですよね。

お守り代わりにこれ、持ち歩いてたり。

この、コムレケアって、名前忘れたけど何かの漢方と同じ成分だったと思うので、それ飲んでも大丈夫と思われる。

追記:コムレケアと同じ漢方の中身はこれみたいです。芍薬甘草湯。
http://www.tsumura.co.jp/products/ippan/023/index_s.html

去年の夏、筑波山上ってる時に脚攣って倒れて動けなくなってたら通りがかりの自転車乗りのおじさんがこれくれて、無事に復活しました。なお、攣る前、脚攣りそう、やばいかも…という時に飲んでおけばほぼ未然に防げます。すごい。

攣ってからでも、すぐに飲んでストレッチ始めれば回復が全然違います。

ちなみにもう半年以上筑波山上ってたお目当て、これですw

…何かイケナイ何かを感じる旗が…爆乳…w

か ら の、バカでかいかき氷

爆乳かき氷って名前で売ってるんですよね。理由なんですけど、練乳を缶ごとかき氷にかけて食べるから。写真に写ってないけど、練乳の缶まるごと一つもらってます。

話が脱線しましたね。この薬、いつも走る時にお守りとして持ってるので、持っておくと何かと便利だとおもいます。

 

 

vivosmart HR Jのインプレとか。心拍測るのはいいぞ。

これ買って正解でした!

前は心拍計測に乳バンド(胸に巻くタイプのHRセンサー)使ってたんですが、邪魔だし、たまにちゃんと反応してくれないし…と困ってたんですよね。

心拍計を導入するって、いいこと二つあると思うんです。

  1. 適切なトレーニングの負荷の調整
    トレーニングの手法に関しては詳しくないので何かと書くつもりないんですけど、最大心拍の〇〇%になるような負荷をかけて…みたいなやつやるといいと思います。
  2. ライドでうまくサボれる(個人的にこっちの方が大事)
    ある程度走ってると、自分が疲れにくい心拍がどの辺か把握できてくると思います。
    走ってて、その閾値を超えたら、「あっ、超えた、サボらないと!」って頭を切り替えて踏み込みを弱めるんです。
    本当に楽になりましよ。
    ちなみにパワーメーターも併用するとさらに効果的だったりするんですけど、さすがに高いので…ってのはありますよね。

と、まぁ、書きましたがとてもいいモノだと思います。万歩計の役割もあるので、普通に歩いた歩数が分かるってのも地味に嬉しいですよねw

ぶっちゃけヤフオクで中古買うのとAmazonで新品買うの、値段差がほぼないのでAmazonで買った方がいいと思います。

海外通販で海外版買うよりも安いくらいなんですが…

諏訪大社のおみくじで東南の方角がいいって書いてあったから房総走りに行ってきた

先日の諏訪大社での初詣で引いたおみくじに、東南の方向がいいって書いてあったので本格的に東南の方向に向かうやつをやろうと思いました第二弾。房総を走りに行くやつ。
千葉スタートで、ぐるっと回ればよくね?って感じでスタート。

風の強さ、圧倒的死亡フラグが立ってますが、11~12時くらいに房総最南端に到着して、進む方角変わればまぁ、普通に走れるんじゃね?というなんとなくな計画。
なお、千葉駅に到着した時は天気予報が外れて普通に雨が降っていました。
自分の流儀、「小雨ならレインウェアを着ない」を発動して普通に走る。(空気抵抗が増えて無駄に疲れるので)

走ってたら、良い感じに虹が。久しぶりに虹を見た気がするので、ちょっと嬉しくなる。そして更に淡々と走り続けると、東京湾に大きな虹。

一日に二回、虹が見れるなんてラッキーだな…でも、房総半島の海岸沿いって走ってても全然楽しくないな…と思いつつ、ペースを緩めずに走る。自分の予定では200km地点まではグロス25kphキープ、それから先は23kphくらいに落とすと千葉駅での終電にものすごく余裕をもって乗れる計算。今のところは完璧。

金谷港付近。この辺、鯵がおいしいんですよ…。あと、おいしいラーメン屋もあるんですよ…。もう、ラーメンと鯵食べてフェリー輪行して帰りたい。泣く泣く華麗にスルー。

はい、ということで最南端。波、ざぶーん。風、強い。というかちょっと雨。マジで何の感慨もない。帰りたい。
完全にペダルを回す機械と化して走る。房総半島の海岸沿いはほぼ平坦だけど、勝浦周辺だけはアップが連発するので、久しぶりの退屈しのぎになる。
上り苦手だけど、でも、平地しかない場所走るのは苦行。かえりたい。

と、まぁ、そんな感じで走り続けていたら、自分でも引くくらい完璧なペース配分で200km走ってました。

これから200km近くあるとかどういうこっちゃ…

完全にやる気が削がれている。もう銚子で輪行して帰ってもいいんでね?銚子まで行けばとりあえず海岸沿いは一周したことになるから房総イチだよね…?

理想は犬吠埼で夕日を見たかったけれども、当然、間に合うことはなく、銚子まであと20kmというところで周囲が真っ暗に。
銚子市に入り、青看板で「銚子市街」「犬吠埼」の分岐を見た時、本気で悩んだものの、とりあえず犬吠埼には行っておくか…と判断。

犬吠埼の手前はちょっと上って、そして連続S字で下る。

そして事件は起きた。

S字カーブを曲がり終えたと思ったら、目の前に続いているのはダートへ続く道でしたw
本道はまだ曲がり終えていないのに、勘違いをしていた模様。何を狂ったかVolt400の一灯で、Lowで走るという珍しいことをした結果、見事に新年初転び。

頭から地面に突っ込み、ヘルメットしててよかった。

そして落車の衝撃でリアホイールが外れていた。ケガは軽い擦り傷だけ。機材チェックして、大丈夫そうなら走るか…と思ったら、フロントのチューブラーがパンクしてました。

普段なら「おぇぇ…チューブラーパンクさせちゃった…痛い出費だ…」ってなるものが、「やった!帰るのにちょうどいい理由ができたぞ!」という思考回路になってた。房総イチ、本当に飽きてました、もうやりたくない。

ということで犬吠駅が400mくらいのところにあったので、輪行。銚子からは特急で東京駅まで。特急で飲むビールは美味いw

…という、何をしにきたのか分からないライドが終わりました。あれ、東南の方向って、いいことあるんじゃ…?

あっ、このビールが美味いってことか。

ということで、280kmくらいのライドでした。とりあえず海岸沿い一周したから房総イチ達成ってことで!

Volt1600持ってるのにも関わらず、この日はDHバー付けてて邪魔だから…とVolt400で行ったのが敗因でしたね、はい。

そういえばVolt1600ずいぶん前に買った時、割と高かったんだけど、今ってどうなってるんだろ…と思い、Amazonを覗いてみたらめちゃくちゃ値下がりしててなんだこれ状態でしたとさ。ついでにVolt800も安くなってはいるみたいだけど、1000番台のライト欲しいよね、やっぱり。

Volt1600だったら夜間の通常走行時はMiddleで500ルーメンあって5時間持つので、暗いところでも夜間ぶっ通し走行できるし、市街地みたいな開けてて明るいところならLowにしておけばいいし(200ルーメンで15時間持つ)、そして暗い峠を下る時だけHighにしておけば安全に下れるし。

Cateyeの公式HPでVolt1600のMidとVolt800のHighを比較してみたけど、改めてVolt1600すげぇ。

重くてデカいけど、安全のためにやっぱり夜間走行するなら持っておくべきでした、猛反省。

とりあえずVolt1600と800のAmazonのリンク置いておきますね。(Sanaより安いみたい)

 

輪行しつつ諏訪大社に初詣しにいくやつ

もう一週間以上経ってますが、、、

諏訪大社に初詣しに行ってきました。予定しているコースはR20をひたすら。R20で長野県行くやつとか、冬を除くと二か月に一回くらいのペースでやってるので、突然どこかに連れてこられても現在地がどこだか分かるようになってきてます。

…さっそくなのですが、朝から寝坊しましたw

始発には間に合い、高尾山口まで輪行。ぶっちゃけ、都内走っても楽しくないので、有意義な輪行でした(言い訳)

高尾山口からR20の高尾山頂上部分に到着した時点で-2.7℃だったらしい。

なお、下っていくうちに気温が下がり続け、いつの間にか-4℃くらいになっていた(撮ってる余裕なかった)ので、単にガーミンの温度計測がヒルクライム時の周囲の温度変化に追いついていなかった模様。頂上が寒すぎて、この気温で下っているのに暖かいって感じました。

猿橋付近からちらほら路面凍結していたのですが、大月の周辺ではこんな感じ。速度を落として、下りは絶対に攻めない。この時の気温は-2.5℃。高尾が異常すぎた。

この後は、笹子峠の登り区間を除くと凍っている区間はなし。そして上り区間での標識はこれ。ここまで説得力ある標識は久しぶりw

万が一の路面凍結に気を付けながら全速力で下る。

下り終えて笛吹の辺りでは八ヶ岳(たぶん)が見え始める。この季節にこの辺走ったことあんまり無いので、新鮮な感じ、そして綺麗。

この後なんですが、甲府市街地あたりで派手な渋滞に捕まり、完全にやる気をなくしたので甲府から小淵沢まで輪行をキメた。今回の自転車は決戦輪行車、要は輪行を楽にするために組んだ子なので、輪行には一切の躊躇がない。なお、なぜ小淵沢までの輪行にしたかというと、富士見より先の方まで輪行すると、下るだけで寒いのでw

せっかくだから上ろう…と思い、小淵沢まで輪行したものの、輪行解除後、まずは激しいS字連続の下り。小淵沢からR20に復帰する道って、こんな道なのね…!そして路面悪いので、全く攻められない。登りなら楽しいかも、下りだとつらみが深かった。

R20復帰後、まさかの爆向かい風が吹く。本気で踏んでも20kph出ないとかいう意味不明な状態に。登れない、死ぬ…とか思い、ヒイヒイ上る。道中のハッピードリンクショップにピットイン、本当にハッピーなドリンクなショップでしかなかった。

富士見峠頂上からは惰性で下り、諏訪湖へ。

定番の撮影、( ˘ω˘ )スワァ…湖

この子で諏訪湖来るのは初めてでした。いやぁ、軽いっていいね、やっぱり上り楽だ。

あとは、予定通りに諏訪大社の初詣へ。親の実家の車庫に自転車を置かせてもらい、60kph巡航できる四輪の素敵な乗り物に乗り換える。…めっちゃ渋滞だったから歩いた方が早かったけどw

とりあえず本宮へ。思ってたより人は多くないみたい。

ちなみに諏訪大社は上社と下社(諏訪湖を挟んで一対)があり、上社は本宮と前宮、下社は春宮と秋宮のそれぞれ2社から成ります。つまり、合計4社あるわけです。日本三大祭の一つ、御柱祭で合計16本の柱を担ぐのは4隅分の柱×4社=16本というわけです。正確には上社と下社の2回に分けて、少し時期を空けて行うので、一度に16本をやっているわけではないです。

おみくじですが、イマイチですね、、、。方角、東南の方角がいいらしいので、また次の機会に、、、。

走ったあとの水分補給とプロテインって大事って習ったので、水分補給とプロテイン摂取しておきました。
あんまりやる気ないライドだったので130kmの1400mupくらいでした。おわり。

 

 

Hello world!

思い立ったので、始めました、というか再開しましたというか。
たぶん書いていく内容は

  • 自転車パーツあれこれ
  • ロング走ったよ的なあれこれ(稼ぐのが目的なやつ)
  • グルメライドなこと
  • 酷道レビュー
  • 走る時の工夫とか
  • 完全に趣味嗜好のもの(お酒とか?)

な感じでいくと思います。

たまにリンク張ってオススメなモノのページに飛ばしてIYHさせようと、もくろんでたりもします。