雪山で遊ぼう(後編)

二日目。とってもよく寝ました。おはようございます。

さっそく、山に行きます。

気温こそ上がってきたものの、まだ雪は全然溶けてなくて、良い感じのパウダースノーのまま。とっても走りやすい!

走ってると何かの碑が。歴史はよくわからないけど、とりあえずこの上の坂は何かの旧道になってるらしいので、自転車を担いで上に。

確かに、道。道なのは間違いない。でも、これ、さすがにMTBでも走れないぞ…という荒れ具合。折れた樹の幹や竹がそこら中に立ってるし、木の枝も間伐されてないから走ってると顔面直撃なんてことも普通にありえる。押したり担いだりしながら突破。

で。斜面はこんな感じでした。乗車率、0%www

こんなの、乗れるわけないわな。(歩くのすらきつかった)

そして、ここを抜けたらなんとか走れそうな所へ。

…雪が深すぎてホイールが埋まるので走れませんでした。

雪が少なくて、なおかつ路面も割と綺麗で良い感じに走れる区間もあったので、動画をば。

茂みの中を自転車で強行突破していくこの感じ、”アドベンチャーワールド”感あって、MTBの醍醐味、たのしい。

こんな感じでガンガン突っ込んでいったら横から出てる太い木の枝に気づかず、頭を枝に打ち付けて落車したりとかしました、ヘルメットしててよかったw

そして、茂みレベル100感ある場所へ。さすがに無理(この先は沼だった模様)なので引き返す。

そして、山のてっぺんへ。ここから下り。残念ながらアクションカメラのバッテリーが切れた。

そして、この下りで事件は起きた。

下っている途中で、何かが落ちて転がって来るような音が聞こえたので、斜め後ろを振り返り、倒木か落石かな?と思って確認。何も問題なさそうだな…と思って、目の前を見た瞬間、大きな何かの塊が目の前を過ぎ去る。

「やばい、ぶつかる」

「間に合わない」

その”何か”と前輪が接触、なんとかバランスは崩さずにそのまま急停止。

その”何か”の正体は大きなイノシシ。

イノシシの後ろ足と、フロントホイールが接触した模様。タイミングがずれればイノシシの腹部直撃、襲われたかもしれないし、真横から突っ込まれて大怪我していたかもしれない。

本当に0.数秒の違いで命拾いした。トラウマ。

何も機材にトラブルがないことを確認し、再スタート。友人宅に無事に戻り、仮眠。

そして自転車を詰め込み、帰路に就く。

充実した二日間でした。でも、最後のトラウマが…。という感じでした。

おまけ↓ 名言だと思います。

とりあえずアクションカメラ買おう(しつこい)

雪山で遊ぼう(前編)

ちょっくら自転車乗りのお友達の実家に遊びに行ってきました。

自走は!しません!ハイエース輪行、最高!(金で殴っていくスタイル)

向かうは茨城県の北。高速でかっ飛ばしていくよ!

北海道の代名詞と言っては過言ではないセイコーマートとかもあります。ちなみにセイコーマートの社名がセコマになったらしいですね。ホットシェフ、うんめぇ。

頭が悪い男たちなので車の中でセイコマの音楽を大音量で流しながらのドライブ!

ガンガン食べよう
毎日食べよう
お腹が空くのは生きてる証
ガンガン食べよう
三食しっかり
どうせだったら美味しい方がいい

ということでひたすら騒いで目的地に到着でございます。

最初は自転車には…乗らずに山登り。

自転車乗りなのにアイゼンの有無を確認しあうとかどういうことっすかねw

なお、私は山登り全然やったことないマンですが、日本縦断の時に北海道でアイゼンを使うことになると踏んでアイゼン買ってたので、アイゼン持ってました。一度も使いませんでした。

ということで、登ります。

景色!

割とがっつり登る感じの壁もありましたが、ボルダリングやってたこともあり、ここまでゆっくりだったら登れました。

こんな感じの壁です。よっこらせ。岩がわりと脆いので、たまに掴んだ石が抜けることとかも。

更にもうちょっと、雪の中を進むと真の頂上へ

ということで、頂上に到着にございます。

雪だるま作りました!(小学生

ということで、下りへ。登るより下りの方が怖い。ゆっくり、滑り落ちながら下ります。何度か本当に滑って転びましたw

だいぶ下り、開けたところへ。頭の悪い男たちなので唐突に雪合戦始めたりとか、小学生に戻ったりw

と、まぁ、色々と時間を使いながら、麓へ。

翌日の雪ライドの為の軽めの雪走行をこなして、ウォーミングアップ。

ほどほどに雪山をDH!

お友達の家の裏山で遊んでました。家に裏山あるとか裏山(羨ましい)

さて、宴の準備、雪にビールを刺して…優勝!

 

動画の撮影は相変わらずこの子で撮影してました。

二日間、充電しないとバッテリー持たないということを学びました。なお、元からバッテリー二つ入ってるのでバッテリー切れを考慮して予備バッテリー持っていかなかった自分がアホでしたとさ。

オフロードの雪山をDHしてみる~外には危険がいっぱい~

 

 

先々週(たしか)に行こうとしていたオフロード、雪でアレだったので行くのをやめてました。というわけで、今週も懲りずにリベンジ。
この前の雪道走ったやつ

ぱっと見た感じ…冠雪はないし、いけそう…!

少し凍ってるけど日陰だからでしょ、大丈夫大丈夫!

そしてこの景色、見覚えあるぞ…この雪…。

あっ…道路…

雪の舗装路走るのめっちゃ楽しい!(開き直り)

というわけで、オフロードへ突入。パッと見た感じ、雪はなさそう…?さて、サイクリングサイクリング(自転車を担ぎながら)
自転車を持ってどこかに行けばそれはサイクリングですよね、乗ってなくても、担いでても。

にしてもここの登り、つれぇ…

枯れ葉を踏みしめてたまに滑るので、枯れ葉を足でどかしてみたらやっぱり雪、ありました。枯れ葉で隠れててむしろ悪質な罠。

あっ…
さて、どうしよう、これは絶対に「アカンやつ」だ…引き返すか否か…。

3秒考えてGoということに。まだ日没まで5時間あって、最悪、行った先で歩いて下っても間に合うので大丈夫でしょう、という判断。

ということで、頂上まで来たのでここからDHします。激アツ。(なお、本当にヤバい区間は止まっては走ってを繰り返しててかっこ悪すぎるので、動画は撮ってるもののアップロードする気にならずw)

こういうジャンプするところとか、雪ある状態で飛んだら着地失敗して滑る未来しか見えない…w

雪が減ってきて、調子に乗ってたら何かを踏んで後輪が滑って落車とかしたり。

こっから先はもう雪がなくて普通のDHでした。楽しかったんですけど、動画撮ってませんでした、残念。

さて、場所なんですが、どこなのかは言いません。オフロードの走る場所はネットとかで人に広めない暗黙の了解的なやつあるじゃないですか。ということで。

カメラは相変わらずこの子で撮ってました。優秀。

 

久しぶりのMTB出動、雪道を上って下って。DBPOWERのカメラは”デキる子”だった。

ふとDHしてぇ…と思い立ち、某オフロードの方に輪行。

なお、当日、寒波到来で関東でも雪が降るという事態。何も考えてない頭の悪い人なので、とりあえず行ってみようというスタンス。

まぁ、当然ですけど路肩凍ってますよね。

雪、やっぱり少しあるね(まだ楽観的)

 

んんんんんッッッッwww(雪の表面がカチカチに凍結してて滑る)

この後、雪が積もってるエリアを抜けたら斜度が10%後半が続いてヒイヒイ言いながら登る羽目に

そして…

あっ…(ここから超楽しくなってくる)

開けた場所に。これ、絵になってません?

ついでに雪山だけアップ

めっっっちゃ綺麗!

そして、ついにここから雪が本気モードに。

雪道にYETIのMTBって、めっちゃよくないですか?雪男のフレームですよ?

そして、雪道を走り続けたのですが、案の定、行こうとしていたオフロードの方は雪がだいぶ積もってて、自分のテクニックでこんな場所行くと事故る(それに、事故ってもここ圏外なので助けを呼べない)と判断し、諦めることに。おとなしく雪道をDHして帰ります。

なお、今回ですが、前に買ったけど使うのを忘れてたGoProの類似品みたいなやつを引っ張り出して下りで撮影してみるか…と思ったのも一つのモチベーションになってたので、撮影してみましたよっと。

なお、轍って凍結してて危ないことありますのでご注意を。

轍が凍結してて滑るので、雪の上をザクザク走って遊んでます。

雪の下りにサスペンション要らねぇ…と思ったので、今度はロードに40Cとか履かせて来て雪道下りたいなぁ…と思いました。

なお、雪道走るのにキャリパーブレーキは論外(雪がキャリパーに詰まって自動ブレーキになる)なので、ディスクロードにてぜひ。

今日学んだこと。

  1. シマノのゴアテックスの冬用グローブ、雪の中走ってても全然寒くないし、転んでも雪が染み込まないし、良かった。ケチらずにゴアテックスの厚手のグローブ使おう。
    (なお、シマノ以外のゴアテックスのグローブは使った事がないので知らない)
  2. 轍のアイスバーンには気を付けよう
    (転ぶまではいかなくても後輪スリップはしまくるので、気を抜かずに)
  3. 動画撮影すると楽しい
    (買おう!)

以上。

ちなみに今日は40kmくらいしか走ってないらしい。900mくらい登ったらしい。

GoProみたいなやつの廉価版(画質はめっちゃいい)と、とりあえずグローブのリンク置いときますね。